FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
7
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
   

十二国記「白銀の墟 玄の月」 1・2巻感想

18年は長かった―――――――!!
短編集などは出てましたけど・・・ずっと放置されていた本編の続きです

私自身は十二国記を知ったのはNHK‐BSのアニメ化からでした
そこから原作小説を読んでなので・・・アニメ化される前から追っていた読者にとってはさらに長かったと思います
2015年ごろに2016年に出るって話もありましたけど・・・それから数年
長年のファンは本屋に並ぶまで信じないとまで言われてましたからね・・・
やっと発売されて1か月後には3・4巻も読めるというのがなんだか嘘みたいです・・・
思いっきりネタバレで感想書きますのでまだ読んでない人は気を付けてください

あらすじ
戴国(たいこく)に麒麟が還る。王は何処へ──。
乍(さく)驍宗(ぎょうそう)が登極から半年で消息を絶ち、泰麒(たいき)も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎(りさい)が慶国(けいこく)景王(けいおう)、雁国(えんこく)延王(えんおう)の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国(くに)に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。──白雉(はくち)は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!

続きを読む

スポンサーサイト



theme : 読書記録
genre : 小説・文学

プロフィール

藍依

Author:藍依
アニメを見たり語ったりすることが大好きです。
社会人になってからはなかなか忙しく更新もゆっくりですが、マイペースに続けていけたらと思います。
アニメや映画や漫画や本など、自分が見たり読んだりしたものの感想を書いていきたいと思います。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
742位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
364位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR