10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八日目の蝉

さて、映画とドラマ両方見たので感想を書きたいと思います
ちなみに映画を見てドラマ版が凄く気になっていたタイミングでNHKが2夜連続集中再放送をしてくれて凄く助かりました
ちなみに原作は読んだことないです
ドラマと映画両方作られた作品は多いですが、こんな風に比較するように見たのは初めてかもしれません


まずは映画版
事前情報だともっと親子の描写が多いのかと思っていたので
現在の恵理菜と千草の描写が思いのほか多くて驚きました
役者としては永作さん良かったと思いますよ
ただ個人的にイマイチだったのは劇団ひとりかな
なぜこの人なんだろうと見てて違和感というか、気になってしまいました
千草は映画だと結構掘り下げられてましたがちょっとキャラがくどく感じる部分があったかなと思います

あとはエンジェルホームの描写もエンジェルさんがトリックに出てくるような人って感じでちょっと最初ひいてしまった部分はあります
(トリックはああいう作品なんでそれでいいとは思うんですがこの作品では浮いてた)
怪しげな団体という意味では映画のほうが雰囲気は出ていたと思いますけど

それと映画はやっぱり時間が少ないためところどころ展開が速く感じてしまいましたね
久美が帰ってくると言っていたのにその後スルーだったのは気になりました
両方見て思ったのは映画は焦点がかなり現在に向けられてるんですよね
血のつながらない誘拐犯に4歳まで育てられた恵理菜が小豆島で誘拐犯だった母の愛に気づき、前向きに生きることが主題になっていたと思います
そういう意味では後半の盛り上げ方は凄く良かったと思います
エンジェルホームあたりはイマイチでしたが、小豆島での親子の交流あたりは凄く良かった

あとは母親と恵理菜の部分だと希和子に言った言葉がそのまま娘から言い返される図ってのは結構えぐかったですかね
まぁどうやって恵理菜がその言葉を知ったんかいっていうのか気になりましたけど
実母と恵理菜のやり取りは映画のほうが印象的でしたね
裁判所の言葉の冒頭でインパクトがありましたし

最初の駆け足展開は残念ですが後半にかけてよくなっていたのが映画という印象です
その代わり希和子についての描写は薄くなってしまったなとは思いますが
あと多少間延びした印象があるのはやたら間をとりすぎてる演出だからかなと思いました


そしてドラマ版
こっちは尺が多くあるためかなり多くのことを描くことができたなと思います
映画と違ってこっちは希和子が主役で彼女に感情移入させるようなつくりになってましたね
その分彼女罪に関しての描写は曖昧になっる部分ありますが
ドラマ版に関しては前半の3話がかなり良かったと思います
壇さんの演技も良かった

映画だとさらっと流されたりカットされていた部分が多く、物語に厚みが出たような気がします
色々な母親の苦悩などを重く描いてあり興味深かった
特に久美のお話は子供をとられた側の母親ぼ描写ということで面白かったですね
エンジェルホームの描写もこっちのほうが現実味がある感じ
エンジェルさんも普通のおばちゃんだったし
まぁ正統に描きすぎかもしれませんが
雰囲気としては映画よりもこっちのほうが良かったかな

ただ後半はちょっと間延びしてしまいましたね
文治さんはドラマオリジナルらしいですが、個人的にはそこまで楽しめたわけではないかなと
交流自体はほほえましかったし上品な描き方だなと思いましたけどね
6話での手を振る場面は好きでした
ただ引き伸ばし感が強く色々と濃かった前半に比べると見劣りしてしまう部分も

あとはきいちゃんも個人的にはあんまりぴんときませんでした
ドラマはあくまで希和子が主体で恵理菜の描写が少なかったからかもしれませんが
小豆島で希和子の愛を知る部分は映画版のほうが畳み掛ける演出で好きでしたかね
希和子の叫んだせりふを思い出すって場面でのせりふがイマイチしっくりこなかったので

あと最後に希和子のその後がありますが
最後の薫という叫びと振り返りながらもそのままいく恵理菜という閉め方が個人的には微妙でしたかね
恵理菜がどう思ったのがまったく見えなくてもう少し表情とか動きとかで終わりとして恵理菜の感情の決着を見たかった
え?これで終わり!?と思ってしまったので

映画もこれで終わりなのか・・?と思う部分がありましたがドラマ版はそれ以上にちょっともやもやしてしまったかな
前半がかなり良かったので後半はちょっともったいなかったと思ってしまいましたかね
映画版を先に見ていて話の筋がわかっていたからって部分もあるかもしれませんが

あと音楽はテレビ版のエンディングが凄く良かった
沖縄民謡みたいでしたが母の子を思う歌で雰囲気があってこの作品の余韻を凄く良くしてくれたと思います
映画のEDはあまり印象に残ってないので


結局映画もドラマもよい所と微妙なところそれぞれあるなという印象でした
個人的には全体の雰囲気はテレビのほうが好き
後半の部分や終わり方は映画のほうが好きでしたかね
原作も読むとまた印象は変わるかもしれませんが
なんにせよ2つの違った解釈の八日目の蝉を見ることができて面白かったです

ただ一番最低なのは旦那なんだよな
そこらへんはあえてですがスルーしているのがちょっと気になりましたかね
関連記事
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

映画版

私はTV版を見てないのでよく判りませんが、映画版はおっしゃるように希和子と薫(恵理菜)という偽の親子関係に焦点があてられていて、それはそれで良くできていたと思います。

>最低なのは旦那
男の私から見てもその通りです。

>劇団ひとり
>なぜこの人なんだろう
これは確かに不思議です。
ダメキャラがよく合うんだと思いますが、(ゴールデン・スランバーでもダメキャラでした)

声の時(例:「コララインとボタンの魔女」の黒猫)も違和感ありました。

こんばんは

書き込みありがとうございます
返信が遅くなりました

>私はTV版を見てないのでよく判りませんが、映画版はおっしゃるように希和子と薫(恵理菜)という偽の親子関係に焦点があてられていて、それはそれで良くできていたと思います。
そうですね
ただ映画版は現在の希和子についてはほぼ触れられていないのでそこがテレビ版との大きな違いだと思います。

>>最低なのは旦那
>男の私から見てもその通りです。
まぁこれはあえて突込みがないように最低な男として描いたって感じですね

>>劇団ひとり
>これは確かに不思議です。
ダメキャラがよく合うんだと思いますが、(ゴールデン・スランバーでもダメキャラでした)
多分制作側としては凡庸な駄目男ってことをえがきたかったんでしょうね

>声の時(例:「コララインとボタンの魔女」の黒猫)も違和感ありました。
まぁ芸能人が声優やるとたいてい違和感があるものになりますからね
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八日目の蝉

角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマだ。出演は『花より男子ファイナル』の井上真央と『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の永作博美。共...

◆『八日目の蝉』◆ ※ネタバレ有

2011年:日本映画、成島出監督、井上真央、 永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司出演。

八日目の蝉

公式サイト。角田光代原作、成島出監督、井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン。生まれたばかりの ...

八日目の蝉

優しかったお母さんは、 私を誘拐した人でした。 上映時間 147分 原作 角田光代 脚本 奥寺佐渡子 監督 成島出 出演 井上真央/永作博美/小池栄子/森口瑤子/田中哲司/市川実和子/平田満/渡邉このみ/劇団ひとり/風吹ジュン 誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その...

八日目の蝉

「八日目の蝉」 監督 成島出 出演 井上真央(秋山恵理菜=薫) 永作博美(野々宮希和子) 小池栄子(安藤千草) 森口瑤子(秋山恵津子) 田中哲司(秋山丈博) 市川実和子(沢田久美(エステル)) 平田満(沢田雄三) ?...

「八日目の蝉」誘拐した育ての母の足跡を辿った先にみた4年間の愛情と同じ過ちを繰り返さないでほしい想い

映画「八日目の蝉」は角田光代原作の「八日目の蝉」を映画化した作品で、生まれたばかりの頃から4歳まで誘拐犯に育てられた娘が大学生となり、その事件と向き合いながら自身も誘 ...

映画 「八日目の蝉」

映画 「八日目の蝉」

映画『八日目の蝉』

なんとなくあらすじを知っていて、見ないだろうと思ってた。 去年NHKのドラマでやってた時、知らなくて、 ちょうど『Mother』にはまっていた頃に、似たようなテーマのドラマを やってたんだなぁ・・...

八日目の?

2011年5月3日(火) 15:25~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:未確認 『八日目の?』公式サイト 檀れい主演のドラマを一話だけ観た。小説は、例によって読んでいない。 ドラマでは、岸谷五朗との恋愛未満な描写があったりした...

映画『八日目の蝉』 | 永作博美と小池栄子が素晴らしいです。

2分でわかる『八日目の蝉』あらすじ紹介いってみます。 (ネタバレ注意!) 希和子(永作博美)は不倫相手である秋山丈博 (田中哲司)の子どもを身ごもります。 「いつか ...

『八日目の蝉』 (2011) / 日本

監督: 成島出 出演: 井上真央 、永作博美 、小池栄子 、森口瑤子 、田中哲司 公式サイトはこちら。 原作読了しています。 もともと読売新聞連載小説でしたが、途中でついていけなくなり、挫折。f^^; ですのでこれは一気に読みたかったし、そして映画化...

『八日目の蝉』

---- この映画、前に行ったとき 満員で入れなかったってヤツだよね。 「うん。とにかく人気が高い。 原作が角田光代の代表作にしてべストセラーだからかなと思ったけど、 これは見事に映画になっていたね」 ----映画になっていた…どういうこと? 「簡単に言えば、 映画と...

八日目の蝉

3月24日(木)@一ツ橋ホール。 ほぼ2週間ぶりの一般試写会。 この間ムダになった試写状たくさん。

八日目の蝉

公式サイト  http://www.youkame.com/ 直木賞作家・角田光代の原作小説は未読。 生後4ヶ月の娘を夫の愛人に誘拐される。 4年後誘拐犯は捕まり、娘・秋山恵理菜=薫(井上真央)は戻って来たけれど・・・ 冒頭、捕まった誘拐犯・野々宮希和子(永作博美)が裁判...

八日目の蝉 (2011) 147分

 優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。

八日目の蝉

 4月20日(水)ニッショーホールにて試写会「八日目の蝉」を鑑賞。  4月も下旬だというのに、まだ少し肌寒いこの頃、気持ち厚めのパーカーを着込んで虎ノ門へ。  上映開始15分前に会場入りし、...

『八日目の蝉』 踏みとどまるために必要だったのは?

 【ネタバレ注意】  劇中、母と娘が「男とは何か、女とは何か」を語り合うくだりがある。  母曰く、「薫ちゃんは女なの。薫ちゃんが好きになって、結婚したいと思う人が男のひと。」  この映画に、結...

『八日目の蝉』

□作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美子、田中 泯、風吹ジュン■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 チネチ?...

八日目の蝉/井上真央、永作博美、小池栄子

直木賞作家の角田光代さんの同名小説を映画化したサスペンス・ヒューマンドラマです。NHKでドラマ化されたときにうっかり観逃してしまったんですよね。やっぱり最初から観てないと ...

2011年3月24日 『八日目の蝉』 一ツ橋ホール

震災後初の試写会鑑賞です。 今までとは違う何かを感じて・・・ 『八日目の蝉』 【ストーリー】  子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかない希和子(永作博美)は、ちょうど同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する。しかし、...

「八日目の蝉」

誘拐した女と誘拐された女の子の二人はさまざまな場所を転々とするのだが、キリスト教風のコミューンがオウム呼ばわりされるのが正しいかどうかはともかくかなり閉鎖的で気味の悪い印象なのに対して、小豆島の日本土着といっていいだろうお遍路さんや祭りが同じような宗教...

八日目の蝉

角田光代の小説を映画化。 成島出が監督。 誘拐する女性、希和子には永作博美、 誘拐され、薫と名付けられた、 少女には渡邊このみ。 すごく可愛い女の子です。 その後実家に帰され、 恵理菜と呼ばれた女性を、 井上真央が演じます。 小池栄子、森口瑤子、田中哲司が...

八日目の蝉

公式サイト母性というものの無条件の強さを感じさせる物語だ。原作よりも、娘からの視点が強調されていることから、新しい世代に希望をつなぐメッセージが感じられる。不倫相手の ...

試写会「八日目の蝉」

2011/4/6、有楽町のよみうりホール。 地震以来、多くの試写会が中止になり、 公開延期となった映画も中止になった映画も散見される中、 1か月ぶりの試写会参加となった。 節電に配慮したのかどうかよくわからないが、 17:45開場、18:15開演と、中途半端では...

八日目の蝉

2011/04/29公開 日本 147分監督:成島出出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、渡邉このみ、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン 優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 子どもを身ごもるも、相手が結婚してい...

確かに愛はそこにあった。『八日目の蝉』

誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇とその後の少女の人生を描いた作品です。

八日目の蝉 2011.4.4

タイトル:「八日目の蝉」 Yahoo!映画:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id338475/ 日にち:2011年4月4日(月) 場所:都内試写室(試写会)==================== 心に深い闇を抱えた女性4人が描かれています。 不倫の末、不倫相手とそ?...

映画「八日目の蝉」@よみうりホール

   

八日目の蝉 (2011)

日本 監督:成島出 原作:角田光代 出演: 井上真央、永作博美、小池栄子、渡邉このみ、森口瑤子、田中哲司、劇団ひとり、余貴美子、風吹ジュン、市川実和子、他 久しぶりの劇場鑑賞 しかも邦画 そして重いテーマ・・・凹 生まれてすぐに誘拐され、犯人の女によって4?...

「八日目の蝉」

なんといっても、エンディングがいい。ひとことキメ台詞を言ったらスパッと切り上げ、即暗転。実にすっきりしたエンディングだ。 物語は終わっているのに、だらだら弛緩した映像を垂れ流すようなエンディングは、性に合わないってことでしょ。 お、よく知ってるな。 耳に...

『八日目の蝉』('11初鑑賞65・劇場)

☆☆☆★- (10段階評価で 7) 5月6日(金) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:00の回を鑑賞。

八日目の蝉

八日目の蝉 監督:成島出 出演:井上真央/永作博美/小池栄子/森口瑤子/田中哲司/市川実和子/平田満/劇団ひとり/余貴美子/田中泯/風吹ジュン 内容:不実な男を愛し、子供を身ごもった女、野々宮希和子。母となることが叶わない絶望の中、同時期に男の妻が女の...

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 (3D吹替版)  監督/ロブ・マーシャル

【出演】  ジョニー・デップ  ペネロペ・クルス  ジェフリー・ラッシュ 【ストーリー】 古い仲間のギブスを絞首台から救うべく、ロンドンに足を踏み入れたジャック・スパロウ。そこでは、「ジャックが“生命の泉”を目指すため乗組員を集めている」という噂が流?...

八日目の蝉

2011年 日本 監督:成島出 出演:井上真央    永作博美    小池栄子    森口瑤子 八日目の蝉が見たもの。 ネタバレ有りです。 雨の日に起きた誘拐事件。 誘拐さ ...

八日目の蝉・・・・・評価額1750円

蝉は何年間も地中で成長し、やっと地上に出て成虫になると、僅か七日で死ぬという。 仲間が皆死に絶える中、もしも生き残った「八日目の蝉」がいたとしたら、それは蝉にとって幸せな事なのだろうか?不幸なの...

八日目の蝉

角田光代のベストセラー『八日目の蝉』の映画化。同じように大ヒット小説が原作となっている、先日見た『阪急電車』とは全く違い、こちらは重い話がテーマになっています。今日は、5/1と言う事で、映画の日。混んでいました。 井上真央は、花男から一皮剥けたんじゃ無...

【八日目の蝉】

監督:成島出 出演:永作博美、井上真央、小池栄子、田中哲司、森口瑤子 優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 「不倫相手との子供を堕胎したことでもう子供を持つことは出来なくなってしまった野々宮希和子、妻からの嫌がらせも不実な相手も全て断ち切る

八日目の蝉(試写会)

角田光代のベストセラーの映画化、といっても原作は未読で、ドラマも未見だけど。 不倫相手の子供を堕ろした希和子(永作博美)は、不倫相手の夫婦の間に生まれた4ヶ月の赤ちゃん恵理菜を咄嗟に誘拐してしまう。妊娠した子供につける予定だった薫という名前を誘拐した赤...

八日目の蝉

あの女の子は反則です。かわいすぎる。。。

「八日目の蝉」

そろそろ上映も無くなる頃・・・ レンタルでいっかな~ とも思っていたのですが、 映画が観たい  衝動に駆られ・・・ アリオ上田で観てきました 重そう?なのは承知の上、 誘拐犯に育てられた子が成長して・・・ って 何とな~くのストーリーは知っていたけど ...

八日目の蝉

直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の 井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化 したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した 女性が、捕まるまでの4年間にわたって母と娘として濃…

八日目の蝉

試写会で見ました。原作を読んでから見たので、あーこの辺削ったかーと本と比べてしま

成島出監督 「八日目の蝉」 (2011年5月6日の記事を再記述)

一旦、書いたレビューですが、TB送信をしようとしブログ編集画面の再投稿をクリックしたら記事内容が消失してしまいました。 どういうことか?goo事務局へ質問しましたら、丁寧な解答を戴きました↓ >お問い合わせいただきました件ですが、トラックバックの送信や記?...

映画「八日目の蝉」

映画「八日目の蝉」を鑑賞。

八日目の蝉

観てきた。 ストーリー的にはまぁこんなもんかなと思う程度でしたが・・・・。 小池栄子が凄く良かった! とある理由からか人との距離感がオカシイ感じがメチャクチャ良かった。 ...

八日目の蝉 ちょっと冗長すぎるが・・・

【=24 -6-】 今日は連休の谷間で電車がらがらかと思いきや、けっこう仕事の人も多いのだなあという混み具合、仕事があることはいいことだ!  さてこの映画、角田光代の原作は友人が貸してくれたので読んだが、読後の評価はきっと分かれてしまうだろうと思っていた。 ...

「八日目の蝉」(日本 2011年)

お星さまのうた。 家族写真。 八日目の蝉が見るもの。

■映画『八日目の蝉』

どうしようもない男とのどうしようもない不倫に傷ついた女性が、不倫相手の男性と奥さんの間に生まれた赤ちゃんを誘拐したことから起こる悲しい物語を描いた映画『八日目の蝉』。 誘拐犯の女性・野々宮希和子を永作博美、彼女に誘拐されて数奇な人生を送ることとなった...

「八日目の?」

「八日目の?」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 2011-039 角田光代さんの同名小説。 蝉は7日間しか生きられない。 8日目を生きればみなくてもいいものを見てしまう。 というような事を言っているのだそうです。 がそんなメッセージは全く感じ取ることが出?...

八日目の蝉

★★★★ エンゼルたちのウォーズ 二人の女性の違いは、人と魂で向き合っているかどうかである。 エンゼルさんが希和子に語った言葉が真理だ。 実母は娘の心を理解しようとせず、自分を母親だと認...

プロフィール

藍依

Author:藍依
アニメを見たり語ったりすることが大好きです。
社会人になってからはなかなか忙しく更新もゆっくりですが、マイペースに続けていけたらと思います。
アニメや映画や漫画や本など、自分が見たり読んだりしたものの感想を書いていきたいと思います。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
649位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。