03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
   

夏目友人帳 肆  全13話

さて、途中まで感想書いていたんですが年度末で忙しくて最後はかけませんでしたね
まずは遠き家路の感想から
原作既読者による感想です




まずはこのお話原作で読んだときも凄く好きな話だったのでアニメ化されるのが楽しみだったんですよね
今回アニメの夏目では初めて3話構成でしたがじっくりやってくれて良かったです
(2話構成だとラムネ水の話とかカットされるかもと思っていたので)

個人的にアニメの改変でよかったのは押入れの写真かな
あれが夏目の実家の家族の落書きにつながっていていいなぁと感じました
あとは子どもの頃は妖怪が怖くて家に帰れなかった夏目が、最後中級たちに教えてもらってラムネ水の場所に行けた
っていうのも過去からの変化や成長を感じることが出来てよい追加シーンでした
それと今期の原作話だとほとんど出番がなかったタキのシーンも
本当に今期は女の子の出番が原作だとない話ばかりだったからなぁ

逆に微妙に感じた点
原作だと夏目の実家で夏目が泣いているシーンってかなりカタルシスのある感動的なシーンなんですが
アニメだとあっさり流されちゃったようなきがして残念
アニメはその前の夏目が子ども時代に泣きながら実家に帰ろうとするあたりが演出的にも一番きたなぁと感じました
あとラムネ水を探す後日談で田沼と話す夏目のシーンがあるんですが
この会話が全カットだったのはちょっと悲しかったなぁ

でも最終回は作画も演出も気合が入っていて良かったです


総括
今期も終わってしまってなんだか寂しいですね
原作ストック的にも5期があるとしても大分先になってしまうでしょうから

3・4期も面白かったのですが、夏目のアニメとしての難しさを少し感じました
1・2期は単発完結話が多かったんで順番の入れ替えもしやすかったし綺麗に収めやすかったんですよね
その分話の出来にむらが出来やすかったんですが

ただ、3・4期は原作でも連続のストーリー性が出てきたため順番を入れ替えたりすることでちょっとその微妙な夏目の変化や成長が伝わりづらくなっていた部分があるかなぁと感じました
そこは単発話ばかりだった1・2期とは違ったアニメへの難しさでしょうかね

あと脚本的にも花田さんの回は個人的には苦手というか原作改変が上手くない気がしてしまいました
的場回は毎回花田さんなんでちょとアニメは気になったかなぁ・・・
あとは作画演出的にもちょっと物足りない回がいくつかあった感じです
4期で個人的に好きだったのは代答、過ぎし君に、最終回かなぁ

原作はまだ続いてますが、的場関連などやっぱり連続的なお話もあるので
今後アニメがどういう方向性にしていくのかは気になる感じですかね
でもアニメ自体はやっぱり好きですし、面白い回も多いので
また原作がひと段落着いたら続編をやってほしいなと感じます
関連記事
スポンサーサイト

theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【夏目友人帳 肆  全13話】

さて、途中まで感想書いていたんですが年度末で忙しくて最後はかけませんでしたねまずは遠き家路の感想あとは子どもの頃は妖怪が怖くて家に帰れなかった夏目が、最後中級たちに教えてもらってラムネ水の場所に行けたっよねその分話の出来にむらが出来やすかったんですがた...

夏目友人帳 肆 #13(最終話)「遠き家路」

「おとーさん! おとーさん!! おとーさん!!!」 そう呼んでも詮無い。だからもう呼ばないと決意した夏目少年の心が居た堪れない。

夏目友人帳 肆 第十三話(最終回)

「遠き家路」 ただいま 夏目の遠い記憶を見ていないと言っていたニャンコ先生だけど、うどんを要求しなかったという事は夏目気持ちを察しての事だったのかもしれません…? ムシクイが夏目の中に入り込んだ… 無理に追い出すと夏目の心が危ないと感じ?...

『夏目友人帳 肆』#13「遠き家路」(最終回)

「さようなら、僕の家。さぁ、帰ろう」 父親と過ごした生家に行く途中、ムシクイに入り込まれてしまった夏目。 心を喰らう妖らしいので、無理に追い払うと夏目の心が壊れる可能性が! ニャンコ先生が必死に夏目の名前を呼ぶ中、 夏目の意識は遠い記憶の中へ…

夏目友人帳 肆 第13話「遠き家路」

『三世子の家に住みついていた妖怪ムシクイに、心の中に入りこまれてしまった夏目。その意識は遠い記憶の中に迷い込んでいく。それは三世子の家で暮らした頃の、辛い悲しい記憶…。どこにも居場所がなかった夏...

夏目友人帳 肆 第十三話 「遠き家路」

今、帰りたい場所。

夏目友人帳 肆 第十三話(最終回)「遠き家路」

隙を付いてムシクイに体の中に入られてしまい意識が朦朧とする夏目貴志は、帰らなければ、という思いにだけ駆られるも、何処へ戻れば良いのかが思い出せない。夏目の心の中に入り込んでしまっているので、さすがにニャンコ先生も強引に引き離す事が出来ないので、夏目に呼...

「夏目友人帳 肆」 13話 遠き家路

ムシクイに取り憑かれたことによって夏目が過去の事を思い出す。 漫画読んでわかってたけど夏目の過去は悲しいな。 親御さんは優しいのに三世子だけ反発してて悪く見えてしまうけど子供時分に他の家の子を預...

夏目友人帳 肆 第13話(終)「遠き家路」

「しょせん友人帳を頂くまでの、付き合いさ」  先生さすがです。さすがのツンデレです。  食べ損なっても怒らなかったり、気遣いが見えましたね。 以下夏目友人帳 肆 第13話(終)「遠き家路」の感想 夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))(2005/10/05)?...

プロフィール

藍依

Author:藍依
アニメを見たり語ったりすることが大好きです。
社会人になってからはなかなか忙しく更新もゆっくりですが、マイペースに続けていけたらと思います。
アニメや映画や漫画や本など、自分が見たり読んだりしたものの感想を書いていきたいと思います。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
619位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR