06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓   全22話  

こちらも2クールにわたって放送された作品ですが終わりましたね
個人的に初期はそこまで良い印象をもっていなかった作品なんですが
話が進むにつれて面白さや楽しみが分かってきたかなと思います

こういった作品をアニメ化っていうのは難しい部分もありますが
京都アニメーションだからできたって部分もあるかなと思います
ほろ苦い青春群像劇というのは良いキャッチコピーだったかなと



まず最初の印象なんですけど奉太郎はいわゆるラノベによくいるようなぼやき系主人公
里志はよくいる情報収集にたけた友達っていう印象でした
なのであまり印象としては良くなかったんですよね
あと初期は謎解きに関してもかなりこじつけっぽいものが多くてう~んと思っちゃったんですよね

ただ1クール目終盤以降からキャラクターがそういったテンプレ的ではなかったり
青春の中のほろ苦さがわかってきてからは面白かったかな
この作品は長編はどれも後味スッキリな終わり方はなかったですからね

ただどれも個人的にはそれはそれでよかったかな
氷菓の意味とか、ミステリーのトリックに隠された作者の想いとか、人に対する期待と羨望とか
ある意味思春期らしいドロドロさが少し見えて面白かったかな
なんというかアニメでこういう後味の悪さを出す日常ものって少ない気がしたのでそこは興味深かったかな


個人的に印象的だったのはクドリャフカの順番での嫉妬の連鎖かな
学生時代って身近にいるからこその嫉妬とかそういうのはよくあるかなぁ
あとは田名辺の想いに対して陸山がどう思ってるのかなんてのは視聴者の想像でしかないわけで
そこらへんの余地があるのが個人的には面白かったかな
愚者のエンドロールで持てるものの義務のお話があったのもありますしね
あとは色々なキャラの関係性がより見ることができて興味深かったのもあります

里志に関してもデータベースを自覚しているからこその葛藤とか
摩耶花への曖昧な態度とか後半は色々と出てきましたけどね
まぁ摩耶花へのバレンタインの行動ははたから見てると酷いですけどね~
奉太郎も里志も色々考えすぎるゆえになかなか行動に出来ない部分はあるのかなぁ

個人的に終盤は奉太郎とえるのニヤニヤでほほえましい回が多かったですけど
それはそれで楽しかったですけどね
奉太郎がえると出会って変わっていく様子が最終回までかけてじっくり描かれていたかなと思います


この作品はやっぱり謎解きよりは青春のほろ苦さやキャラクター描写を楽しむ作品だなと思いました
ミステリーやトリックに関してはこじつけっぽかったり、奉太郎が超人的すぎてオイオイって回もあったりしましたし…
(私自身がミステリーで答えをなかなか解けないタチなのもあるとは思いますが)

あと作品として少し気になったのは
時々演出過多というか感情表現がオーバーに感じるときがあったことかな
そこまで大げさにしなくても…と思ってしまいました
マイナス感情方面での演出が特にそう感じた部分もありました


それとこれは凄く個人的な意見でいちゃもんのような文句なのかもしれませんが
える自体は嫌いじゃないし、良いキャラだと思うんですが
所々で凄く萌えっぽい描写があって気になってしまいました
なんというかあざといというか、京アニのぬるぬる動く作画で萌えっぽい動きがあるとこの作品ではなんか浮いて感じてしまったんですよね

える自体はかなりしっかりした部分のあるキャラだと思うので、なんかそこらへんのチグハグさを時々感じることがあってちょっと気になりました
こんなの気になったの自分だけかも知れないんですが…
(もちろんえるが萌えキャラじゃないといいたいわけではないんですけど)


まぁ色々と書きましたが総合的には楽しんで見た作品でしたね
後半にいくにつれて面白くなっていったように感じます
最終回もとても綺麗でしたし
良い青春アニメとして面白かったです
関連記事
スポンサーサイト

theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

氷菓 第22話(最終回) 「遠回りする雛」 感想

綺麗でいい終わり方でしたね。 これで最終回というのが惜しいです。 えるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。 祭りの会場に行ってみると…、そこは戦場さながらの

氷菓 第22話 「遠まわりする雛」

 エフェクトが凄く効いていて……

氷菓:22話感想&総括

氷菓の感想です。 未来に遠回りする2人。

氷菓 第22話 「遠まわりする雛」(最終話)

氷菓 第22話 <あらすじ>  えるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。祭りの会場に行ってみると…、そこは戦場さながらの様子。男衆の気迫に圧倒される奉太郎。

氷菓 第22話「遠まわりする雛」感想!

氷菓 第22話「遠まわりする雛」 最終回。

氷菓 #22

氷菓もとうとう最終回です。休日にまどろんでいた奉太郎は、えるからの電話で起こされました。何かと思えば、生き雛祭りで傘を持つ役を探しているのだそうです。それを引き

氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」

氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」です。 アニメ版『氷菓』も、今週で最終回らしい

氷菓 #22 最終回

『遠まわりする雛』

氷菓 #22「遠回りする雛」

ラストは春分。

氷菓 22

最終回ということで、まとめ感想の意味も込めてレビュー。 基本的には学校メインだったので、えるのお嬢様っぷりは目立たなかった、むしろおとぼけ天然キャラで通ってた感があり

氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」

 …何と……何と美しい……。  京都アニメーションの描いた桜のシーンは、これまで何度も目にしてきましたし、そのいずれもとても美しいものでした。  でも、今回のこの桜...

『氷菓』 第22話(最終回) 観ました

早いもので、氷菓も最終回です。 実はこの最終回はとっても楽しみにしていた話なのです。それもこれも、我慢しきれずにネタバレも構わずに読んでしまった原作小説の短編集「遠回り

『氷菓』#22「遠回りする雛」(最終回)

「俺の省エネ主義が致命的に脅かされている」 省エネは恋愛沙汰を扱えない? 突然、えるに「傘を持ってくれませんか?」と電話で頼まれた奉太郎。 何を頼まれているか分からず、

氷菓 第22話(最終回)

「遠まわりする雛」 千反田が見えない 気になる、気になる…

アニメ 氷菓 最終回まで見て 感想

狂い咲きの桜の下、風にたなびく黒髪。最後の最後までクオリティの高い映像と、原作の

氷菓 第22話 9/17 あらすじと感想 #hyouka #氷菓

 見事な映像美でございました。  4月1日、奉太郎くんは、えるちゃんからの電話を受ける。明後日に、指定の場所に来て傘をさして欲しい、とえるちゃんは頼む。突然だなぁw。 ...

氷菓 第22話 遠まわりする雛

氷菓 最終話。 生きびな祭りの傘持ちに任命された奉太郎は・・・。 以下感想

氷菓 第22話(最終回)「遠まわりする雛」 感想

氷菓も今回で最終回。えるから雛祭りの傘持ちを頼まれた奉太郎。奉太郎はそこでどんな体験をすることになるんでしょうか…?今回はそんな雛祭り行列に注目です!京アニの演出...

◎氷菓第二十二話「遠まわりする雛」

Δ》エル:チタンダです。明後日御予定は?どうか、傘を持ってくれませんか?折木:よくわからんのだが》ひな祭りをやるんです。傘を持つ役がケガをしましてわかった》一緒に歩い...

プロフィール

藍依

Author:藍依
アニメを見たり語ったりすることが大好きです。
社会人になってからはなかなか忙しく更新もゆっくりですが、マイペースに続けていけたらと思います。
アニメや映画や漫画や本など、自分が見たり読んだりしたものの感想を書いていきたいと思います。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
611位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。