11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして父になる

こちらカンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した作品ですね
是枝監督監督作品は「誰も知らない」以来の鑑賞ですね
いやぁ面白かったです
この監督はやっぱりTVドラマよりも映画畑の人間ですね


あらすじ
申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩し……。



お話としては子どもの取り違え自体は王道な設定ですね
で、この映画の視点は父親ですね
あくまでも良多(福山雅治)が主役でその視点が多いかな
あまり子ども視点っていう部分で見ようと思うとそういう部分は少ないので

雰囲気としてはドキュメンタリー調で大仰な展開や演出はありません
また説明的なセリフもあまりなし
良多の家族背景についてもあくまでセリフでなんとなく察せるような感じにしてあったのは個人的には好みでした
細かいネタも丁寧にふってましたしね

あとは子どもたちの自然な演技も良かったですね
親子のやりとりは微笑ましいものが多くて見てて和みました
少し気になったのは学校関連かな
本格的に子どもを交換してからどうしたのかがまったく触れられていないのでかなり気になりました
それと両家族の対比がちょっと一方的に描かれすぎに感じた部分もあったかな?
でも母親と父親の違いや細かな対比など興味深い点も多かったですね

また、別に良多がとんでもなく悪い父親という印象でも無かったですね、まぁ配慮足らないし高慢な部分はありますが
彼は彼なりに仕事に追われる中で父親として頑張ろうとしていた部分はありました
けどあくまで父親になろうとしていただったんでしょうね
過去が徐々に分かる中で彼なりの思いもそれなりに分かります
ただどちらの家族にも感情移入というよりも少し離れた視点で見せてきている印象でしたね

テーマとしては子どもは血か時間かってとこが主題ではない気がします
そうではなくて子どもに対して父親になれるかどうかですね
今回の件で父親であることをもう一度考え直し、そして改めて気づいたことがあるという印象

ドキュメント調なのですが
実際ならもっと家族は取り乱したり激昂するかなぁ?とは思いましたね
あえてドロドロにはしなかった印象ですが
現実では100%血をとっているみたいですが
だからこそこの映画ではこういう展開だったのかなと思います

脇の役者も良かったですね
あと真木よう子さんのお母さんが個人的には良かったです

ただこの作品
過剰な感動演出とか分かりやすい盛り上がりどころはココっていう作品ではなく
ある程度視聴者にゆだねている部分も多い作品なので
万人にうけるものでもないとは思います
個人的にはこの雰囲気も含めて面白かったですけどね
関連記事
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「そして父になる」

本当の家族になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309240003/ 【送料無料】そして父になる [ 是枝裕和 ]価格:690円(税込、送料込) 【送料無料】【予約・新作+もう1枚でポイント3倍】そして父になる オリジナル・サウンドトラッ...価格:2,52...

映画「そして父になる」を観ました!!(2013-14)

映画「そして父になる」を観ました!!

そして父になる

第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞受賞。10分間にも渡るスタンディングオベーション。それは、是枝監督が退場しなかったらいつまでも鳴り止まなそうだったので退場したと言うくらい。また、審査員長のスティーブン・スピルバーグは初めて見た時から本作品が賞に値するとい...

『そして父になる』

□作品オフィシャルサイト 「そして父になる」 □監督・脚本 是枝裕和□キャスト 福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、       黄升?、風吹ジュン、國村 隼、樹木希林、夏八木 勲■鑑賞日 9月28日(土)■劇場 TOHOシネマズ...

そして父になる〜心の格差社会

公式サイト。英題:Like Father, Like Son。是枝裕和監督、福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升荽、風吹ジュン、樹木希林、夏八木勲、高橋和也、中村ゆ ...

『そして父になる』 2013年9月29日 TOHOシネマズ市川

『そして父になる』 を観賞しました。 世界の目に狂いはなかったね 今年のベスト3には入るでしょう 【ストーリー】  申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩し...

血の繋がりや年月よりも・・・。『そして父になる』

カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した是枝裕和監督の最新作。子どもの取り違えという出来事に遭遇した家族の物語です。

そして父になる/福山雅治

『奇跡』の是枝裕和監督が福山雅治さんを主演に6年間育ててきた愛する息子が実は病院で取り違えられた他人の子どもだったという事実をつきつけられた二組の家族の姿を家族の愛と ...

『そして父になる』 血か情か?

 かつて社会問題になるほど頻発した「赤ちゃん取り違え事件」。  『そして父になる』は1977年に発覚した事件を参考にしつつ、赤ちゃんを取り違えられてしまった二家族の苦悩を描く。  現実に取り違えられた二人の女の子がたどった人生は、奥野修司氏が『ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年』に著している。  だが、映画の公開時点で42歳になる彼女たちには、今の生活がありこれからの人生もあ...

『そして父になる』

6年間育てた息子を、本当に他人の子と言えますか。 第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したこの作品は、是枝裕和監督らしい静かに語り、じわじわと心に響く今年の邦画を代表 ...

そして父になる

家族は一日にして成らず。  

そして父になる

見応えあって考えさせられる一本

そして父になる

家族になろうよ公式サイト http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp監督・脚本・編集: 是枝裕和  「誰も知らない」 「歩いても 歩いても」大手建設会社に勤めるエリート

そして父になる

6年間育てた息子は、他人の子でした 製作年度 2013年 上映時間 120分 脚本 監督 是枝裕和 出演 福山雅治/尾野真千子/真木よう子/リリー・フランキー/二宮慶多/横升/田中哲司/風吹ジュン/國村隼/樹木希林/夏八木勲 是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇し...

「そして父になる」みた。

第66回(2013年)カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した話題作がやっと公開となった。6年前に2組の夫婦の息子が出生時に病院で取り違えられた事実が発覚したことから、両家の戸惑い、とりわけ福山雅治演じる

「そして父になる」

2013年・日本/フジテレビ=アミューズ配給:ギャガ 監督:是枝裕和脚本:是枝裕和参考文献:奥野修司著「ねじれた絆~赤ちゃん取り違え事件の17年」撮影:瀧本幹也製作:亀山千広、畠中達郎、依田巽 息子が

『そして父になる』 (2013) / 日本

監督・脚本: 是枝裕和 出演:  福山雅治 、尾野真千子 、真木よう子 、リリー・フランキー 、二宮慶多 、黄升? 、大河内浩 、風吹ジュン 、國村隼 、樹木希林 、夏八木勲 映画『そして父になる』 公式サイトはこちら。 第66回カンヌ国際映画祭審査員賞...

「そして父になる」取り違えられた真実を知った先にみた血の繋がりだけではない子供に愛情を注いだ期間を経た先にあった2人の父親像

「そして父になる」はある2つの家族が子供を取り違えられた事により6年間他人の子供を育てる事になった2つの家族の苦悩と葛藤を描いたストーリーである。今の時代では取り違えら ...

そして父になる

 『そして父になる』を観た。  【あらすじ】  申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた野々宮良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。...

そして父になる   LIKE FATHER, LIKE SON

今週末から公開かと思っていたら…先行上映なるのもがあったのですね。 どうせ東京だけでしょ。横浜じゃ先行はないな〜。と思い、 「マン・オブ・スティール」3D字幕の上映館を探していたら、最寄りの映画館でも 横浜の映画館でも「そして父になる」の先行上映をやってる...

そして父になる

6年めの事実。強くなるためのミッション。負けたことのない男。

そして父になる ★★★★

『誰も知らない』などの是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や絆、家族といったテーマを感動的に描くドラマ。順調で幸せな人生を送ってきたものの、運命的な出来事をきっかけに苦悩し成長する主人公を、大河ドラマ「龍馬伝」や『...

『そして父になる』

----この映画って、 カンヌ国際映画祭審査員受賞の話題作だよね。 監督は是枝裕和だっけ? 『誰も知らない』『奇跡』など、 子どもの演出には定評があるけど、 こんども父と子の話? 「さすがフォーン。 よく知っているね。 長年、パートナーを務めてきただけのことはあ...

そして父になる・・・・・評価額1700円

そして、家族になる。 出生時に病院で息子を取り違えられた、二組の家族の姿を描く骨太の人間ドラマ。 デビュー作の「幻の光」以来、市井の人々の様々な葛藤を描いてきた是枝裕和監督は、もしも愛した息子が他人の子供だったら?という状況を通して、親は無条件で子供に愛を注げるのか、家族にとって本当に大切なものとは何だろうと問いかける。 選ぶべきは血か、それとも共有した時間か。 実際に同年代の子...

そして父になる

大手建設会社のエリート社員、野々宮良多(福山雅治)は、学歴、仕事、家庭と勝ち組人生を歩んでいる。 都内の高級マンションで、妻みどり(尾野真千子)と6歳になる息子慶多と何不自由のない暮らしを送っていたある日、慶多が病院内で取り違えられた他人の子供だったことが判明する。 相手方は、群馬で小さな電器店を営む斎木雄大(リリー・フランキー)とゆかり(真木よう子)夫婦と、その長男の琉晴。 ...

[映画『そして父になる』を観た(寸評)]

☆なんか、かったるそうで、見る気がなかったのだが、観たら、ヨーロッパの映画のような、なんか淡々とした雰囲気をたたえた傑作であった。  六年を経てから判明した、病院での子供の取り違えに端を発する二つの家族の物語だ。  たとえが突拍子もないが^^; ある意味...

プロフィール

藍依

Author:藍依
アニメを見たり語ったりすることが大好きです。
社会人になってからはなかなか忙しく更新もゆっくりですが、マイペースに続けていけたらと思います。
アニメや映画や漫画や本など、自分が見たり読んだりしたものの感想を書いていきたいと思います。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1876位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
821位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。