08
1
2
3
4
5
6
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ひとかた  プレイ感想

さて、こちらは無料サウンドノベルゲームの中でも古めの作品で名作として有名です
最近無料サウンドノベルゲームに興味を持ったのでまずは有名作品からプレイ
無料ですがプレイ時間は約10時間ほどと結構なボリュームの作品ですね

プレイしてみましたが面白かったですね
一番最初が2001年ということでどこか古さも感じる作品でしたが
中盤以降はかなり展開が動くのでどんどん読むことが出来ました


あらすじ
舞台は、東京近郊にある田舎町、打追。この地では、かつて土着の神として崇められていた異形の怪物「牛鬼」が存在し、近隣の村人を操っては、争いや天変地異などの祟りを起こしていた。しかし、人々を苦しめ続けていた牛鬼は、「白髪の翁」によって封じられ、以降12年ごとに人々による「牛除け祭」を行うことで、牛鬼の復活を防いでいるという。
 伝説の「白髪の翁」の血を引いている主人公の「南 護」は、遠い親戚である「南 依絵」から、復活しつつある「牛鬼」を退治してほしい…という依頼を受ける。護は、協力者たちをみつけながら、牛鬼を倒すための情報を集め、牛鬼とその復活に手を貸す者たちを倒すことになったのだった。


以下ネタバレ感想です



まず、この作品初期は18禁ゲームだったんですね
今はそういったものが削除された全年齢版しか配布されていないようですが
なので他の感想にそういった下ネタがぁ~というのが結構合ったのですうが私はあまり気になりませんでした

サウンドノベルゲームとしては選択肢があってもほぼ作中に影響の無いほぼ一本道
(繰り返し回数が変化しますが)
立ち絵のないシンプルな作品でした
個人的には立ち絵がないものは初めてプレイしたのですが、特に困ることはなかったですね
逆にキャラ想像が色々と出来てよかったかもしれません
背景も写真加工したものばかりですね

音楽はMP3でなかなかよい感じだったと思います
最後に歌が流れてきたのにはちょっと驚いてしまいました

システムとしては快適で特に不満は無かったですね
ループ関連で同じ文章がかなり出てくるのですが
既読スキップがしっかりしていたためサクサク飛ばせたのでそんなにストレスにはならなかったかな


お話としては現代伝記ものですがあんまりそういう雰囲気は無かったですかね?
主人公は初期は結構軽い感じですし
主要人物以外の住民の描写があまり無かったのでそこは少し残念かも

この作品話の筋としては結構王道です
伏線等も丁寧にばらまかれていて最後までプレイするとしっかり回収もしているのでそこは安心してプレイできました
ただ、王道的過ぎて設定的にけっこう読めちゃうんですよね
主人公の秘密とかはタイトルの関係もあってすぐ気づく人も多いともいます
日下部が牛鬼に協力する理由云々はいくらなんでもそのまんますぎて笑ってしまったというか
もう少し終盤読者がびっくりする展開があってもよかったかもしれません

個人的にこの作品の良かった点は
そういったなんとなく先が読める部分がありつつも魅せ方が上手なのか中盤以降先が気になってどんどん読むのが止まらなくなった部分ですかね

あとは主人公の苦悩ぶり
ここが読んでて素直に入り込むことが出来たのが大きいです
自分のアイデンティティの崩壊や使命後についてや愛する人への思いでぐちゃぐちゃになりながらもそれでも必死こいて牛鬼に立ち向かっていく主人公はよかった
自分の運命を知って戦っていく図は好きですね
あとはそれぞれの脇キャラやヒロインもしっかり立っていた感じがしたのがよかったかな
後半空気化しちゃってたヒロインもいましたが

ただ個人的に最終ループ前が色々事実も判明したり盛り上がりまくったのでさらにループになったときはおい!って感じでしたね
あと最後になっても牛鬼に心の隙間に漬け込まれて負けそうになったのはちょっといくらなんでもダメだろ主人公って感じでした
最後の美咲とのやり取り等はあっさりしすぎてた気もしてもうひと盛り上がり欲しかったかな
(美咲が突然現れて~ももっとタメても良かったかも)
腕輪が壊れて無かったってシーンで終わるの自体は好きでしたけど


以下キャラ別感想

南 護
主人公。最初は牛鬼を倒す使命があるのにチャラチャラしてるは女の子に弱いしどうなんだろうと思っていましたが。
中盤以降追い詰められて悩みだしたあたりからはよかったですね。
美咲を愛するがゆえに消えなくてはいけない使命に悩んでそれでも進む姿が印象的でした。
彼がモテまくったりチャライのもオリジナルの影響がかなりあるでしょうし。
どこまでが彼自身の感情なのかは怪しい部分もあるのですが
でも様々な経験の中で彼が成長していくのはよかった。
気になるのはいくらなんでも短期間に恋愛イベントしすぎというか
期間が2週間ぐらいある感じじゃダメだったんですかね?
美咲との交流もたった2,3日かと引っかかることがあったので…

菅野 美咲
後半から本気出す真ヒロイン。
ただ彼女はちょっとツンデレっぽい子という感じでいい子ではあるんですがキャラとしては特にインパクトがあるわけでは無かったですね
でも護とのラブラブシーンは結構微笑ましかったです
まぁギャルゲーっぽいやりとりだなぁって感じはしてしまいますけど
父が助かったのが本のおかげあたりのやりとりはちょっとイキナリで笑ってしまったw
彼女はあのあとどう生きたのか?護はどうなったのかは想像の中ですよね

南 智恵
いわゆる報われないヒロインですが
彼女はかなりしっかりとした芯をもったキャラだったので好感持てましたね
最後の最後まで護のそばにいてサポートしてくれたというか
前半はかなり謎っぽい雰囲気でふわふわしたキャラだったので
後半結構感情をあらわにしたシーンが多くて驚きました

黒部 蘭
妹系キャラのヒロイン
ただ後半以降は護が危険に巻き込みたくないと距離をとってしまったためほとんど出番がなくなってしまうんですよね
初期はかなりヒロインぽかったため後半の空気ぶりは驚きました
でも護はちゃんと智恵さんに伝言頼んでたりと彼女のことはとても大切には思ってたんだよなぁ

南 依絵
いろんな意味でこの事件の元凶
まぁ彼女の思いの強さはある意味凄いですしとっても哀れな存在ですけどね
そこまで一人の男を愛し続けるってものある意味凄い
彼女はどんな思い出護に牛鬼退治を依頼したんでしょうかね

日下部
色々と彼なりの事情はあるんでしょうが
どうもピエロの印象が強くこの人も哀れな感じです
ただ彼自身の掘り下げはあまり無かったため
最後の牛鬼の裏切りや依絵さんへの懺悔と告白はちょっと安直というか
おきまりの展開っぽく見えてしまったのは少し残念かな


以上色々と書きましたがフリーのゲームとしては良くできていましたし
私自身プレイして楽しかったですね
他の有名作品もいくつかプレイしてみたいと思います
関連記事
スポンサーサイト

theme : ゲーム
genre : ゲーム

Secret

プロフィール

藍依

Author:藍依
アニメを見たり語ったりすることが大好きです。
社会人になってからはなかなか忙しく更新もゆっくりですが、マイペースに続けていけたらと思います。
アニメや映画や漫画や本など、自分が見たり読んだりしたものの感想を書いていきたいと思います。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1718位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
787位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR