09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

かぐや姫の物語

さて、ジブリの高畑監督最新作
風立ちぬと同時公開がここまで遅れたんですよね

高畑監督は火垂るの墓、平成狸合戦ぽんぽこ、そして初期の世界名作劇場のイメージです
独特のタッチの作画とかぐや姫が題材ということで個人的には気になっていたので見てきました
風立ちぬも夏に見ているんですが、個人的にはかぐや姫のほうが好みでしたね


あらすじ
今は昔、竹取の翁が見つけた光り輝く竹の中からかわいらしい女の子が現れ、翁は媼と共に大切に育てることに。女の子は瞬く間に美しい娘に成長しかぐや姫と名付けられ、うわさを聞き付けた男たちが求婚してくるようになる。彼らに無理難題を突き付け次々と振ったかぐや姫は、やがて月を見ては物思いにふけるようになり……。



話の大筋は竹取物語そのままですね
そこにかぐや姫関連の掘り下げが加わった形です
最初に古文で習うあの有名な竹取物語冒頭がナレーションが入ったのが個人的にはテンションあがりましたw
中学生のとき暗唱させられましたけど案外覚えているものですねw

まず一番の特徴である絵ですが綺麗でしたね
逆に気になって集中できないかな?と思ってましたが案外慣れましたし、そんなに違和感もなかったです
むしろこの作品にはあっていた手法だと思います

初期の子どもたちの描写や自然の虫とか森とかそういう描写はすごい気合が入ってましたね
まぁ物語的にはキモの部分でもありますが
印象的だったのはCMで流れていた姫が飛び出して走って行くシーンと、終盤の空を2人で飛ぶシーンですね


テーマとしては生きることでしょうね
姫の犯した罪と罰については終盤出てきますけど、それよりもそういう部分のほうが印象的だったかな
ほとんど月の描写はなかったので想像的な部分もありますけど
月は生きる喜びとかそういうの自体がなさそうですし、だからこそ姫はあこがれたんでしょうけど
彼女が地球に来た理由と月に帰った理由あたりはあるいていど示していたと思います

彼女は生きることを実感したかったのに記憶がなく違う道をいってしまった
結局地球に来て最終的に周りを不幸にしかしていないんですよね
最終的には記憶をなくして帰ってバッドエンドみたいなものですし
あのまま捨丸兄ちゃんと故郷にいて結婚してっていう選択をとってたら全然別の結末になったんでしょうかね
ただ、あの父親も本当に姫の幸せを願っていた部分もあって憎めないキャラではあるんですよね

終盤に再会するかぐや姫と捨丸ですけど、妻子がいながら逃げることを提案したのはちょっと笑ってしまったw
まぁでもだからこそ夢物語なんですよね
彼自身も夢だったのかと思い、最終的には妻子と日常を暮らしていってしまうんでしょうし


声優さんも良かったですね
まぁ俳優さんばかりでアニメ演技とは違いましたが、この作品の空気とはあっていてほぼ違和感はありませんでした
(風立ちぬも主役意外は皆さん上手かったんですが…)
個人的にはかぐや姫の育ての親の翁とその妻の演技が素晴らしかったですね
特に姫に対する呼びかけあたりがよかった
翁役の方はもう亡くなってしまっているんですよね…

尺はかなり長いですね
個人的には有名な結婚話をもちこんだ5人に無理難題を~あたりの流れは話も有名なだけにちょっとだるかったです
ただ、それ以外はそんなに単調には感じませんでした
姫の心情を丁寧に描いていると感じましたね
人間味にあふれたかぐや姫を描いていたと思います


前情報が入る前はもうちょっと竹取物語に色々と要素をぶちこんで新解釈の物語にするのかなぁとおもっていたんですが
見終わったら高畑さんが表現したいことはこれでつまってるんだなと感じました
独特の雰囲気ですし、竹取物語が題材っていうのもあって人を選ぶ作品だとは思います
ただ個人的にはみてよかったですし
作品としても結構好きでした
関連記事
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かぐや姫の物語

試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】モロ竹取物語です。 【鑑賞後】 冒頭の古

『かぐや姫の物語』 高畑勲の「罪と罰」とは?

 【ネタバレ注意】  2013年、高畑勲監督は実に14年ぶりとなる新作映画を発表した。  『かぐや姫の物語』は、まさに高畑アニメの集大成ともいうべき大傑作だ。これまで世界中を泣かせ、喜ばせ、感動させてきた高畑勲作品のあらゆる要素がここに結実している。  72歳で長編アニメからの引退を宣言した宮崎駿監督よりも、さらに年上で78歳になる高畑監督が発表したこの長編は、心して観たい作品であ...

劇場鑑賞「かぐや姫の物語」

“生きる”ということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311230001/ 【送料無料】【新作CDポイント3倍対象商品】【先着特典:映画「かぐや姫の物語」音源CD(ジャケ...価格:3,000円(税込、送料込) 二階堂和美/いのちの記憶価格:499円(税込、送料別) ...

かぐや姫の物語

公式サイト。高畑勲監督。(声)朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、古城環、中村七之助、橋爪功、朝丘雪路 ...

かぐや姫の物語

切なくて悲しくて美しい!  

映画「かぐや姫の物語」@イイノホール

 今回、私は試写会で本作を2回見る事が出来た。 一回目、文芸春秋さん主催。日曜日の夜の試写会はお子さんから年配の方まで幅広い年齢層で女性客が多い。客入りは7~8割くらいだ。二回目、AOLさんに招待された。平日夜の試写会の客入りは7割弱位でかなり空席が目立つ。

『かぐや姫の物語』

生きているという手応えさえあれば、幸せだった。 日本最古の物語「竹取物語」を大胆に新解釈することもなく、ただかぐや姫の心情を中心に描くことで見事に大人の、そして家族の ...

かぐや姫の物語

試写会で観ました。正直予告を見た時全然期待していませんでした。絵もシンプル過ぎひん?って思ったのと、「姫の犯した罪と罰」というキャッチコピーに、こういう意味ありげなコピーは怪しい予感がしたんで。ダルくなりそうな。しかも上映時間が2時間17分という長さで...

映画・かぐや姫の物語(試写会)

2013年 日本 11/11名鉄ホールにて舞台挨拶がありました鈴木敏夫&西村義明プロデューサー主人公・かぐや姫の声優を務めた朝倉あきさん主題歌「いのちの記憶」作詞・作曲・歌の二階堂和美さん伴奏はベース(和美さんのご主人)のみ、ナマで「いのちの記憶」が聞け...

「かぐや姫の物語」は人間の業の肯定の物語である

高畑勲監督作品「かぐや姫の物語」を鑑賞。 この作品は、かぐや姫が地球で生まれ、育ち、人と出会い、そして月へ帰る。 かぐや姫が生きる中で起こった出来事の喜怒哀楽を見事に切り取った、 タイトル通り、「かぐや姫の物語」といえる作品だ。 そんな「かぐや姫の物語」は人間の業を描いた作品であるともいえる。 「かぐや姫の物語」におけるかぐや姫の人物像。そして感情。 本作を見て一番強く思...

高畑勲監督『かぐや姫の物語』"人の情けをはぐくみて、まつとしきかば今かへりこむ"

※注・内容、ラストに触れています。高畑勲監督による誰もが知る(しかし本当のお話を知らない)「竹取物語」を題材とした9年ぶりの長編アニメ『かぐや姫の物語』美術監督に男鹿和雄、人物造形/作画設計・田辺修、

『かぐや姫の物語』

もうちょっと高畑勲なりの大胆な解釈とかが加わっているのかと思ったけれど、まんま「竹取物語」だった。 超綺麗なアニメで「竹取物語」を作っているだけ。 まぁその「超綺麗な」 ...

『かぐや姫の物語』

□作品オフィシャルサイト 「かぐや姫の物語」□監督・原案 高畑 勲 □脚本 高畑勲、坂口理子 □キャスト(声) 朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、          田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院 光、宇崎竜童、          ...

『かぐや姫の物語』 2013年11月9日 一ツ橋ホール

『かぐや姫の物語』 を試写会で鑑賞しました。 凄い勢いで成長するから前半30分のペースなら1時間で終わると思った 【ストーリー】  諸事情によりストーリーを記載しておりません。   ↑  だそうです(笑)...cinematodayです。 ということなので、この映画はストーリーを明かしてはいけないのかな。。。 みなさんのコメントを見ているち一般的な話だということらしいのですけど 私は昔...

和製アルプスの少女ハイジ。『かぐや姫の物語』

「竹取物語」を題材にスタジオジブリの高畑勲監督が手掛けた劇場アニメです。

いのちの記憶~『かぐや姫の物語』

 光る竹の中から、小さな女の子を見つけた竹取の翁(地井武男)は、家に連 れ帰り竹取の媼(宮本信子)とともにその子を育てる。たけのこのように急成長 した少女は、都に移り住み 「かぐや」 という名の美しい姫となった。  高畑勲監督、14年ぶりの作品。正直、この日本を代表する映画監督に対し、 宮崎駿ほどの思い入れはない。作品の全てを観ているわけでもないし、本作 の公開を知った時も...

映画「かぐや姫の物語」感想

11月23日(土)公開の「かぐや姫の物語」を鑑賞してきました。 【送料無料】【先着特典:映画「かぐや姫の物語」音源CD(ジャケットと別絵柄の紙ジャケ仕様)... あらすじ: 今は昔、竹取の翁が見つけた光り輝く竹の中からかわいらしい女の子が現れ、 翁は媼と共に大切に育てることに。 女の子は瞬く間に美しい娘に成長しかぐや姫と名付けられ、うわさを聞き付けた男たちが 求...

かぐや姫の物語

2013年11月25日(月) 21:00~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 予告編、出し惜しみすぎ 『かぐや姫の物語』公式サイト フリーパスポート21本目。 ジブリにしては、客が入っていないようだ。 高畑勲の前作「山田くん」よりはマシだろうけど。 上の画像は、最初の予告編で出てきたものだが、これ自体の扱いは物語の中盤。決してクライマッ...

「かぐや姫の物語」 生命力のある線

宮崎駿監督と並ぶスタジオジブリの2枚看板の高畑勲監督の最新作です。 当初は「風立

『かぐや姫の物語』

14年ぶりという新作、高畑勲渾身の一作か。ストーリーは「竹取物語」そのまま。原作では語られない姫の心情を高畑解釈で細やかに載せた作品でした。動く水彩画のような滑らかなアニメーションはどれほどの労力を要したか推して知るべし。時間とお金をかけ、丁寧に創られた...

「かぐや姫の物語」かぐや姫が望んだものに気づいた先にみたお金では手にできない本当に望んだ身近な幸せ

「かぐや姫の物語」は高畑勲監督の最新作で原作「竹取物語」を忠実に描いた作品で、私たちが良く知る竹取物語のかくや姫の視点から観たストーリーである。ありふれた実に有名な作 ...

かぐや姫の物語

ジブリ高畑勲監督最新作、筆書き風の優しい線で描かれたアニメ映画『かぐや姫の物語』を観てきました。 ★★★★★ 優しい画風で、とことん美しい竹取物語に感動しました。 誰もが知っている竹取物語のプロットに忠実に、ジブリ流の情熱とノスタルジックな演出で味付けされた...

『かぐや姫の物語』 (2013)

溺れて然るべき、壮麗おとぎ話! 巨匠だからこそ造りえた、贅沢かつ冒険心に溢れた一級品であった。 本作は、宮崎駿としのぎを削り、日本のアニメーションの礎を築いたレジェンド、高畑勲監督作。製作期間8年、50億円(!)の巨費を投じた、まぎれもない超大作だ。 ...

かぐや姫の物語 ★★★★

数々の傑作を生み出してきたスタジオジブリの巨匠、高畑勲監督が手掛けた劇場アニメ。日本で最も古い物語といわれる「竹取物語」を題材に、かぐや姫はどうして地球に生まれやがて月へ帰っていったのか、知られざるかぐや姫の心情と謎めいた運命の物語を水彩画のようなタッ...

かぐや姫の物語

繰り返し続いていく“時”と、限りある“生” * * * * * * * * * * このアニメを見終わって、 さて、これは一体どういう物語だったのだろう、と思いました。 ストーリーは誰もが知るあの「竹取物語」そのもの。 竹から生まれたかぐや姫が美しく成長し...

かぐや姫の物語

【監督】高畑勲 【出演】朝倉あき/高良健吾/地井武男/宮本信子 【公開日】2013年 11月23日 【製作】日本 【ストーリー】 この地で、ひとりの女性が生きた。笑い、泣き、喜び、怒り、その短い生の一瞬一瞬にいのちの輝きを求めて。数ある星の中から彼女は何故地球を選んだのか。この地で何を思い、何故月へ去らねばならなかったのか。姫が犯した罪とは、その罰とはいったい何だったの...

かぐや姫の物語・・・・・評価額1800+円

かぐや姫が、本当に欲しかったもの。 巨匠・高畑勲が78歳にして挑んだのは、日本における物語の祖にして最初のSFファンタジー、「竹取物語」の初の長編アニメーション映画化である。 137分の上映時間は、比類するものの無い至高の映画体験。 天土火水、森羅万象の中の生命への慈愛が、スクリーンから溢れ出る。 ここにあるのは作家の小宇宙に再構築された、この美しき世界そのものだ。 作品の志向...

[映画『かぐや姫の物語』を観た(寸評)]

      ☆・・・観てきました。  『まどか☆マギカ 叛逆の物語』の三観目と連続して見たのですが、そのクライマックスの「忘却」についての論じ方が、似ている点もあり、こちらの作品の方が、よりクールに描いている点もあり、その符号が興味深かった。  私は、常...

かぐや姫の物語

感想にネタバレ含みます。 ↓ ・ ・ ・ ・ ・ 1. テーマは高畑版「生きねば。」 生きろとか生きるって素晴らしいとかはジブリ作品の共通するテーマですが、今回も同じくです。 50億と8年間かけてスタジオジブリのプロが作ってるのだから、褒めざるを得ないようなクオリティではあります。 でも何か褒めきれない部分もあり… 例えばカップル...

プロフィール

藍依

Author:藍依
アニメを見たり語ったりすることが大好きです。
社会人になってからはなかなか忙しく更新もゆっくりですが、マイペースに続けていけたらと思います。
アニメや映画や漫画や本など、自分が見たり読んだりしたものの感想を書いていきたいと思います。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
812位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR