10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くちびるに歌を

さて、さっそく一ヶ月以上ぶりの記事です
今回は映画感想
映画自体見るのもかなり久しぶりなんですよね

実は合唱部に入っていたのでこの作品は小説が出たときから気になってたんですよね
でも今回映画化ということでやはり実際に歌うシーンがあるとよいですね


あらすじ
産休を取ることになった親友の音楽教師ハルコ(木村文乃)の代理として、生まれ故郷の五島列島にある中学の臨時教師となった柏木(新垣結衣)。天賦の才能を持つピアニストとして活躍したうわさのある美女だが、その性格はがさつで乗り回す車もボロいトラック。住民たちの注目を浴びる中、彼女はコンクール出場を目標に日々奮闘している合唱部の顧問に。そして部員たちに、課題として15年後の自分に宛てた手紙を書かせる。やがて、部員たちがつづった手紙から、それぞれが抱える苦悩や秘密が浮き上がってくるが……。



お話としては青春映画ですね
合唱コンクールを通じてそれぞれの悩みや将来について考えていく
ある意味ベタベタなお話ではあります

でも綺麗な島の風景や自然、懐かしいと感じる学校生活や合唱といった部分がしっかりかみ合っていて見ていて良い映画でしたね
生徒役の子たちも上手でよかったです
ガッキーはこういうクールな役って今まであまりなかった印象で新鮮でしたね
始終無表情で冷たい感じなんですがガッキーだからこそ本当の冷淡な印象は受けなかったかな

今回はNHK合唱コンクールで課題曲だった「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」を主軸にしてますね
まぁこの曲自体がかなりメッセージ性があって話題になったものですし
題材としては描きやすかったかなと

個人的には自閉症の兄をもつ桑原くんのお話がかなり印象的でした
この作品のテーマである15年後の自分への手紙を唯一書いた彼
そこで15年後も兄と一緒にいると綴っているんですよね
自分が生まれたのは両親が死んでも障害を持った兄を見ていく家族が必要だったから
だから兄が健常児だったら自分は生まれることは無かった
兄がうとましく思うことも少しあったけどそれでも兄が好きで嬉しいという彼の想いが
あと役者の男の子も良かったですね

もう一人の主役っぽいなずな
彼女の複雑な思いも分かりやすく書いていたかな
二度目の父の裏切りとその後の柏木先生とのやり取りが良かった
屋上のシーンは印象的でした

個人的には出産騒動とかなずなの母の言葉とかあのあたりはちょっとベタベタすぎたりう~んと思ってしまったかな
出産関係はもうオチが丸分かりだったしね
母の言葉は伏線がしっかりありましたけど、それでもどうかな…と
このあたりはもう少しスムーズに見たかったかも
最低な父が迎えに来なかったのは良かったですがw

あとは個人的な事情描写が多く、あまり合唱自体へのアプローチはなかったかなと
柏木先生がピアノを弾けるようになってからの描写が自然の中の合唱だけだったのでw
もう少しそこは見てみたかったかも
合唱がテーマというか背景?少し弱く感じました

柏木先生についてはあの電話のミスリードはなるほどなと
でもガッキーが頑張っていたのは分かるのですが、合唱シーンでのピアノは素人感がモロに出ていたので少し微妙な気持ちに
動画の演奏シーンはプロの人の演奏だったかとは思いますが

終盤の合唱シーンはそれだけで卑怯ですよね
演奏的に全国大会出場は難しいだろうなとは思いましたが
みんなの今までの想いが出ていて良かったです

あと、最初と最後に合唱したマイ・バラードも良いですよね
これは小学校か中学校で歌ったことがあるんですが良い曲です
また、前の出場校が歌っていたCOSMOSも良い曲なんですよ~
自分は歌ったことは無いんですが他のクラスが歌っていていいな~と思っていました

あと実はタイトルの「くちびるに歌を」っていうのも合唱曲の題名なんですよ
今回音楽室にはってあった言葉はこの合唱曲の歌詞です
信長貴富さん作曲のを歌ったことがありますがこれも非常に良い曲です
もとはドイツ語で日本語訳とまじっていてドラマチックな曲なんですよね~
ちらっと出てこないかなと思いましたが無くて少し残念
興味を持った方は是非一度聞いてみてください!

なんにせよ爽やかな気持ちになる良作でしたね
最後も島を離れる柏木先生と生徒の別れという非常にベタなんですけど
汽笛とか笑っての今までのモチーフが生かされていて良かったです
関連記事
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『くちびるに歌を』 2015年2月6日 一ツ橋ホール

『くちびるに歌を』 を試写会で鑑賞しました。 三木孝浩監督は意欲的に作品を仕上げている。 でも、良い悪いが交互のような気もする。 『ホットロード』はヒットしたが私はダメであった。 で、近作は新垣結衣の好演もあるが、良かった 【ストーリー】  産休を取ることになった親友の音楽教師ハルコ(木村文乃)の代理として、生まれ故郷の五島列島にある中学の臨時教師となった柏木(新垣結衣)。天賦の才能を持...

くちびるに歌を

アンジェラ・アキの『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』を 題材にした中田永一の小説 『くちびるに歌を』を映画化。 監督は三木孝浩。 新垣結衣が主演。 木村文乃、桐谷健太等が共演。 かつて天才ピアニストと称された、 柏木ユリ(新垣結衣)が、 東京から故郷・長崎県の...

『くちびるに歌を』をUCT4で観て、安定したいい映画だふじき★★★★

五つ星評価で【五つ星評価で★★★★あの彼には泣かされる】   新垣結衣が先生の癖に「適当にヨロシク」と言い放ってしまう。 ああ、冷たいガッキーもいいなあ。 「おらおら ...

くちびるに歌を

くちびるに歌を

映画感想『くちびるに歌を』試写会

きちんと積み立てられたストーリーに安心感。15歳の中学生の純真さに何度も目を潤ませる。15年前の自分から受け取ったメッセージを次につなぐ…。★★★☆☆.5(5点満点)TBは以下の記事...

くちびるに歌を

今日は、曇りで気温も低く・・・

『くちびるに歌を』('15初鑑賞19・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。

『くちびるに歌を』

そういう時は「ありがとう」って言うとよ。 アンジェラ・アキさんの名曲「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」を題材に中田永一先生が書き上げた2012年度本屋大賞ノミネート作品を映画化した ...

『くちびるに歌を』

----『くちびるに歌を』って 昨夜観たばかりだよね。 こんなに早く話してくれるニャんて…。 ニャんだか昨日からとても興奮しているみたい? 「うん。 今年は1月から しゃべりたい日本映画が多すぎて…。 またまた、溜まってしまわないうちにと思って…」 ----確か、最初はそ...

くちびるに歌を

音楽がテーマで興味は有ったものの、アンジェラ・アキに興味がなくて躊躇していたのですが、映画の日だったのが肩を押して『くちびるに歌を』を観てきました。 ★★★★★ アンジェラ・アキのヒット曲、『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』をモチーフにした小説を原作に作られた映画...

くちびるに歌を

ピアニストだったユリが、臨時教師として戻った故郷の中学校で、合唱部の生徒たちと心通わせていくお話です。アンジェラ・アキの「手紙」が主題歌にぴったりだと思っていたら、アンジェラさんが五島列島の中学校を訪ねるドキュメンタリーを題材に書き下ろされたものだそ...

映画「くちびるに歌を」

映画「くちびるに歌を」を鑑賞しました。

『くちびるに歌を』

□作品オフィシャルサイト 「くちびるに歌を」□監督 三木孝浩□脚本 持地佑季子、登米裕□原作 中田永一□キャスト 新垣結衣、木村文乃、桐谷健太、恒松祐里、下田翔大■鑑賞日 3月20日(金)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0...

くちびるに歌を/新垣結衣、木村文乃

原作大ファンなので映画化の発表にはキターーーと大喜びでしたが、ガッキーが柏木先生役なの?と疑問に思い、また読み返してみたところ、頭の中でガッキーが演じるのが自然にイメ ...

拝啓 十五の君へ~『くちびるに歌を』

 東京で美人ピアニストとして活躍していた柏木ユリ(新垣結衣)は、故郷の 長崎・五島列島に帰ってくる。産休を取る同級生の音楽教師・松山ハルコ (木村文乃)の代用教員として、ユリは合唱部の指導を任されるのだが・・・。  アンジェラ・アキの 『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』 をモチーフにした同名 小説の映画化。青春映画の名手(?)、三木孝浩監督作品は初! 試写会 にて鑑賞。 ...

くちびるに歌を

くちびるに歌を MOVIXさいたま 2015/2/28公開 産休を取ることになった親友の音楽教師ハルコ(木村文乃)の 代理として、生まれ故郷の五島列島にある中学の臨時教師となった柏木(新垣結衣)。 天賦の才能を持つピアニストとして活躍したうわさのある美女だが、 その性格はがさつで乗り回す車もボロいトラック。 住民たちの注目を浴びる中、彼女はコンクール出場を目標に日々奮闘している...

プロフィール

藍依

Author:藍依
アニメを見たり語ったりすることが大好きです。
社会人になってからはなかなか忙しく更新もゆっくりですが、マイペースに続けていけたらと思います。
アニメや映画や漫画や本など、自分が見たり読んだりしたものの感想を書いていきたいと思います。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
626位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。