04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あん

さて、久々の更新です。
相変わらずの映画感想
地味ながらもしみじみした日本映画でした


あらすじ
刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。徳江が作る粒あんが評判となり、店は大繁盛。そんな中徳江は、つぶれたどら焼きをもらいに来ていた女子中学生のワカナと親しくなる。ところがある日、かつて徳江がハンセン病を患っていたことが近所に知れ渡り……。



お話としてはかなりシンプルですね
犯罪をおかした過去を持つ千太郎、ハンセン病患者として差別されてきた徳江さんが出会ってはじまる物語です
映画としてはそれぞれの登場人物の過去は徐々に出てくるんですよね
なので徳江さんがハンセン病ってのは結構中盤で出てきて驚きました

せっかく徳江さんのつくったおいしい「あん」でどら焼きが売れたのに
ハンセン病患者という噂がひろがることで店にはお客が全然来なくなってしまう
映画としてはかなりたんたんとしていて音楽もそんなにないですし静かな作品です
でもだからこそそこから伝わってくるハンセン病により人生を変えられた徳江さんの想い伝わってくる感じでした
小豆の声を聞いてあんをつくる姿が良かったですね
また、彼女と千太郎のふれあいが印象的だったな
千太郎も母親のことがあったりして、それでも徳江さんを守ってあげられなかったんですよね

とにかく樹木希林さんの演技が良かったです
永瀬正敏さんもあまり知らない役者さんでしたが良かったです
中学生役の方は樹木さんのお孫さんだったんですね

私自身はハンセン病はあまり身近ではなく病気の名前自体も砂の器で初めて認識したんですよね
なのであまり病気については知らなかったんですよね
なのでなんだか不思議な感じがしました

しみじみと見たあとに感じる映画でした
関連記事
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

TBありがとうございます

藍依さん、初めまして。TBありがとうございます。

私は藍依さんのお母様と同世代位だと思うのですが(息子が24歳)、当記事は若い感性でこの映画をご覧になったのが伝わって来る記事ですね。

映画にしても本にしても、自分では経験し得ないことを映像や文章を通して追体験できる良さがあって、視野を広げてくれるし、考えるきっかけを与えてくれる。

私も映画を見た後に、改めて興味を持ったことを調べることが多いです。いろいろと勉強になります。

これからもアニメ同様に映画も楽しんで下さいね。

こんばんは

はなこさんはじめまして。

母親世代の方になるのですね。
実はこの映画私は母と見に行ったんです。
母も良い映画だと言ってましたね。

>映画にしても本にしても、自分では経験し得ないことを映像や文章を通して追体験できる良さがあって、視野を広げてくれるし、考えるきっかけを与えてくれる。
そうですね。
私も映画も本も好きですが、その世界に入ることで色々な思いを追体験できるって素敵ですよね
特に映画は2,3時間にぎゅっと要素が詰まっているので。

私も映画を見て知ることは多いですね。
知ったことを勉強して知識を深めるのはとても素敵だと思います。

アニメも映画も好きなので、また見たものに関してはブログに書いていけたらと思います。
書き込みありがとうございました。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「あん」

生きる意味が、ある… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506170001/ 【送料無料選択可!】「あん」オフィシャルブック (キネマ旬報ムック)[本/雑誌] / キネマ旬報社価格:1,000円(税込、送料別)

あん〜“異物混入”の風評被害

公式サイト。日本=フランス=ドイツ。ドリアン助川原作、河瀬直美監督。樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、太賀、兼松若人、浅田美代子。ハンセン病を患ってい ...

『あん』 2015年4月6日 ニッショーホール

『あん』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 これは、今年一番の邦画になりそうな気がするよ! 【ストーリー】  刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。徳江が作る粒あんが評判となり、店は大繁盛。そんな中徳江は、つぶれたどら焼きをもらいに来ていた女子中学生のワカナと...

『あん』

□作品オフィシャルサイト 「あん」□監督・脚本 河瀬直美□原作 ドリアン助川□キャスト 樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、浅田美代子■鑑賞日 6月20日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> あることが...

あん

 『あん』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作が、河瀬直美監督(注1)が制作し、第68回カンヌ映画祭「ある視点」部門のオープニング作品となったというので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、早朝、アパートの1室から千太郎(永瀬正敏)が出てきて、...

あん/樹木希林、永瀬正敏

河瀬直美監督がドリアン助川さんの同名小説を原作に樹木希林さんを主演に小さなどら焼き屋で粒あん作りを担う元ハンセン病患者の女性の姿を描いたヒューマンドラマです。 出演は ...

『あん』

陽の当たる社会で生きるために、心を自由にしなさい。 まるでもう会えない母親に言われたような、この淋しさの奥に感謝しきれない想い。こんな感覚をまさか河荑直美監督作品で味 ...

『あん』(日仏独、2015)

[画像]  このブログで繰り返し述べているが、この世に完璧な人間なんて、おそらくいない。ごく最近のお気に入りのフレーズで表現するなら、人間は皆、「尊ばれるべき霊性」と「愛すべき無様さ」の両面を持った存在だ。表面上は様々な属性によって差異が見られても、外側の虚飾を剥いで、その内面を突き詰めれば、皆、そんなものだと思う。  斯くいう私も偏見や差別意識においては、自分の無知を恥ずべき点が多々あ...

月とカナリヤ~『あん』

 小さなどら焼き屋 「どら春」 の雇われ店長・千太郎(永瀬正敏)のもとに、 徳江と名乗る老婦人(樹木希林)がやってくる。彼女は病気で指が不自由だ が、どら焼きの 「あん」 作りが得意で、ここで働きたいと千太郎に言うのだ った。  カンヌ映画祭の常連・河瀬直美監督の映画を、劇場鑑賞するのは初めて。 ドリアン助川の小説が原作ということと、キャストにも惹かれて初日鑑賞。中 高年...

あん

映画館で観ました。ドリアン助川の同名小説を「殯(もがり)の森」「2つ目の窓」の河瀬直美監督が映画化した人生ドラマ。小さなどら焼き屋の雇われ店長と、粒あん作りの腕を買われて働くことになった老婦人の心の交流と、次第に明らかとなる老婦人が辿った過酷な人生を優...

あん  ★★★★

『殯(もがり)の森』などの河瀬直美が樹木希林を主演に迎え、元ハンセン病患者の老女が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。樹木が演じるおいしい粒あんを作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様が描かれる。原作は、詩人...

「あん」

2015年・日本=フランス=ドイツ合作 配給:エレファントハウス 監督:河瀬直美 原作:ドリアン助川 脚本:河瀬直美プロデューサー:福嶋更一郎、大山義人 撮影:穐山茂樹 詩人や作家、ミュージシャンとし

鳥籠から解放されたカナリア。『あん』

どら焼き店の店長と美味しい粒あんを作る老女、どら焼き店の常連客である女子中学生を軸に人間模様を描いた作品です。

「あん」☆行間の美

あえて言葉にしない。 なのにこんなに胸の奥にまで響くとは・・・・ 想いがいっぱい、その行間から次々と溢れてくる。

[映画『あん』を観た(寸評)]

☆・・・これはいい作品でした。  ・・・傷害事件を起こし服役した主人公は、どら焼き屋の雇われ店長となっていた。 そんなおり、一人の老女がやってくる。 バイトを希望してきたが、あまりにも年老いていたので店長は躊躇する。... しかし、勧められて食べた、老女...

あん

あん '15:日本+フランス+ドイツ ◆監督:河瀬直美「2つ目の窓」「朱花の月」 ◆出演:樹木希林、永瀬正敏、市原悦子、内田伽羅、浅田美代子、水野美紀、太賀、兼松若人、村田優吏愛、高橋咲樹、竹内海羽 ◆STORY◆縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単...

あん

【監督】河瀬直美 【出演】樹木希林/永瀬正敏/内田伽羅/市原悦子/水野美紀/太賀/兼松若人/浅田美代子 【公開日】2015年5月30日 【製作】日本 【ストーリー】 縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎。そのお店の常連である中学生のワカナ。ある日、その店の求人募集の貼り紙を見てそこで働くことを懇願する一人の老女、徳江が現れ、どらや...

『あん』

『あん』、観ました。 上映館が少なくていつも行くシネコンではやってなくて、 ネットで調べてあまり行ったことのないシネコンで観ました。 主人千太郎は小さなどら焼き屋を営んでいます。 そのどら焼き屋さんに一人の老女がやってきます。 「あんこはどうしている...

日のあたる場所、月との約束。〜「あん」〜

ほんとは予定になかった。これは完全に周りのブロガーさんの評判てことで。 ついでに言うと、これを見に行く前夜にこんなのもテレビで見てた。 36年ぶりのデュエットだったらしいね〜。年がばれる話ですがドラマ「ムー」「ムー一族」は好きだったし リアルタイムで見...

プロフィール

藍依

Author:藍依
アニメを見たり語ったりすることが大好きです。
社会人になってからはなかなか忙しく更新もゆっくりですが、マイペースに続けていけたらと思います。
アニメや映画や漫画や本など、自分が見たり読んだりしたものの感想を書いていきたいと思います。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
974位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
494位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。