10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BALLAD 名もなき恋のうた

こちら映画公開まで色々ありましたがやっと見ましたよ
私は先に原案である「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を見てます
なので今回の感想についても原案と比べる部分もあるかと思います


まず映画として驚いたのは結構原案に忠実な展開だったこと
まぁもちろん細かいネタとかいろいろと違う部分はありましたけどね

特に合戦場面なんかほとんど原案に忠実でした
原案のアニメでは細かい時代考証に感心したのでそれが実写でも見れたのは良かったですね

合戦のシーンは長回しや迫力のある図が多く
素直に大画面で見て良かったですね
雰囲気が伝わってきて良かったです
全体的に映像は綺麗でさすが山崎監督でしたね


あと役者さんも結構良かったです
草なぎくんも又兵衛かといわれれば違うけど武将としてはそれなりに良かったと思います
叫んでる場面が多くて大変そうでしたが
アクションも体張ってましたね

ガッキーも思ったよりも凛とした雰囲気が出てて良かったです
所々幼さがあったような気もしましたけど
そんなに悪くなかったと思います

あと敵役の大沢さん良かったですねぇ
彼のああいった役は見たことなかったんでちょっと新鮮でした
気迫あってよかったです
まぁあのキャラ自体はなんか強くなってるし廉姫に対して執着しまくってる性格に変更されちゃったのは微妙ですけど・・・・


と色々言ってきたんですがこの作品
原案のクレヨンしんちゃんの映画では又兵衛と廉姫の恋物語も重要ですが
もうひとつ野原一家の家族の絆としんちゃんの成長という重要な要素があります

今回は恋物語を重視していましたがおかげでオリジナルの川上家についてはイマイチになってしまったと思います
まずそれぞれが個性がある野原一家と違って川上家はいたって普通
とくに真一にしんのすけの役は荷が重すぎたように感じました

原案では最後に向けてちゃんと活躍したしんちゃんですが
真一はそれがなかったために最終的にどう成長してどうして逃げないようになったのかがイマイチ伝わりづらかったです

もちろん原案のアニメのような野原一家大活躍を実写でやったらしらけちゃいそうですけど・・・・・
それでももうちょっとなんとかできなかったかなぁ

まぁ車で突っ込むシーンは忠実にやったのは驚きましたけど
でもあれも野原一家だから感動できたわけでなんで川上一家がイキナリあんな無茶やらかすのか説得力が弱かった気がしました


原案に結構忠実と書きましたが
野原一家ではなく川上一家だったのだから

家族関連の描写はもう少し掘り下げてやってほしかったですね
だって毎週テレビでやってるクレヨンしんちゃんの野原一家と違って川上一家には何の思い入れもないし視聴者は知らないんですから


いじめられっこの真一と不仲な両親という設定なら
真一が逃げないと決意をする過程や両親が仲直りするきっかけなどをちゃんと加えてほしかったなと思います

もちろん作品としては恋愛物語を重視したかったんでしょうけど
川上家というオリジナルの家族を出したのだから彼らについてもちゃんと描写して欲しかった

あとタイムスリップ関連もアニメではそんなに気にならなかったけど実写だとちょっと適当に見えちゃったかなぁ
なんで川上家が呼ばれたかについてはこの映画では分かりやすいほどに説明していてはくれましたけど


そして真一と又兵衛の描写についても
この映画では原案にはいなかった文四郎という役があって
真一はむしろ文四郎と楽しげにしてたんですよね
だから又兵衛との描写が散漫になってしまった感じ

特に原案にあった男同士の誓いの場面はやって欲しかったなぁ
あそこは脇差をもらうっていう最後の流れにもつながるし重要な場面だと思うのだけど・・・・・


さらに又兵衛の最後についても恋愛を重視するためにだいぶ意味合いが変わって見えたかなぁ
又兵衛の最後を真一がどう受け止めたのかがこの映画ではよく分からなかったんですよね

あと最後の真一は立ち向かうようになりましたで終わるのもちょっと微妙だったかも
だったらまだあのいじめっ子たちにちゃんとものを言うようなシーンを最後に入れた方が良かったかも

原案にあった青空侍というキーワードが出てきませんでしたけど
空を見上げる最後のシーンが好きだったので残念です
やっぱりアニメのもとの部分と実写での変更部分がうまくかみ合っていなくて所々チグハグな印象でした


などと色々といいましたが
まぁまぁ良かったと思いますよ
原案には及ばなかったけど酷いと切り捨てるほどの出来でもないです
私が原案のアニメを好きなために細かく言ってしまっている場面もありますし

ただ川上家の描写は納得いかない部分が多いですが・・・
エンドロールの写真を使った演出は結構好きでした
雰囲気が出てて良かったです
EDの曲も良い感じでしたね


あとこの映画を見た方は原案である「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」
そして「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を見ることをお勧めしておきます
良い作品なのになかなか子供向けとされて大人に見てもらえない作品です
この機会にこの2つの名作を見て下さる人が増えるとよいなぁ


関連記事
スポンサーサイト

theme : 日本映画
genre : 映画

Secret

プロフィール

藍依

Author:藍依
アニメを見たり語ったりすることが大好きです。
社会人になってからはなかなか忙しく更新もゆっくりですが、マイペースに続けていけたらと思います。
アニメや映画や漫画や本など、自分が見たり読んだりしたものの感想を書いていきたいと思います。

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
626位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。